はっぴーらいふ豊中だより

住宅型有料老人ホーム「はっぴーらいふ豊中」」のスタッフの声です。

2013年10月

去る10月27日に外部団体による催しがありました。
リクリエーションの一環として施設行事に
組み込まさせていただきました。

始めは緊張した面持ちで鑑賞されていた入居者様達でしたが
プログラムが進むにつれ
和やかな表情で楽しんでいらっしゃいました

recreation04

















recreation05


















recreation06

















recreation03













recreation02

















recreation07


















recreation08


















居室へお帰りになるときに、みんなで合唱した
『お富さん』をお友達と一緒に歌っていた方もいらしたそうで
結構楽しんで頂けたようです 














ひと雨ごとに寒くなってきていましたが
とうとう夜は毛布が必要になってきましたね

そうなるといよいよ体調管理が難しくなってきます

皆様もどうぞ風邪などひかれないように
お気をつけくださいね

先日10月25日に行われたHappy Dayの様子を報告させていただきますね
 
halloween07

















Halloweenと言う事でかわいらしい『坊っちゃん南瓜』をくりぬいて
器に仕立てた中にリゾットが入っていました

001





































halloween01

























halloween02





















halloween03



















今月は誕生日の方が5名もいらしたので・・・
めっちゃ嬉しそうです・・・・施設長がww
halloween04


















halloween05



















halloween06


















「美味しい?」と聞くと「旨いよ」とのお返事ww
じゃ、顔で表現してのリクエストに応えて・・・
「美味しい顔~でハイ・チーズ

先日豊中市から「入居者様の100歳のお祝いを持参させていただきます」との連絡をいただきました。

「100歳?誰が?」
「えぇ~~~!見えない~~」
と年齢を知らなかった(それもどうなんでしょう?と言う話しですが・・
スタッフが驚いていました。

それほどに、気持ちも若々しく保っていらして
お出かけになる時には、
きちんと身だしなみに気を使われている方です。

omedetou03


















神妙な面持ちで表彰状の言葉に耳を傾けていらっしゃいました
omedetou04


















omedetou02




















記念品の銀杯と共に
omedetou01


















表彰状には次の様に記されていました

あなたが百歳のご長寿を
達成されましたことは
誠に慶賀にたえません
ご長寿をことほぐこの日に
当りここに記念品を
贈りこれを祝します     内閣総理大臣


本当に「100歳」は『達成』と言う言葉がぴったりだと思います
けれど、これで終わりではありませんww
まだまだ「108歳の茶寿」「111歳の皇寿」「120歳の大還暦」へと続きます

これからも長きに渡る歩みを止める事無く
一緒に泣き笑いしながら歩んでゆきましょう
本当におめでとうございます

日本には「四季」と言われる四つの季節があり
そこに暮らしている人々は、世の中の色々な物で
その「季節の移ろい」を感じ取る事が出来る。。。。んですよねw

その「目にするもので季節を感じ取る」・・・『物』に
世代差がある・・・と先日テレビ番組で言っていました。

ちなみにσ(^▽^*o)わたしは、自然でも『秋』を感じ取れる
バナナ世代でしたwww

空の高さや、その深い青に「秋やなぁ」と言い
丸い月を眺めて虫の声に耳を傾け「風流な秋。。団子が欲しい・・・w」と思い
老眼鏡をかけての「読書」は年々辛くなり
最近では、もっぱら「食欲の秋!」に徹しています 



9月のHappy Day   テーマはずばり!『食欲の秋』wwwww

aki01


















食材や見た目でも十分「秋」を感じさせてくれるお料理となっています
(食べたかった・・・・w)

今月は、珍しくお誕生日の方がいらっしゃらなかったので・・・
施設長とのツーショットは、ございません(● ̄ ̄m ̄ ̄●)

aki02
















順番が前後しますが、HappyDayの時間の前にスタッフのお勉強の時間です

今回は、当施設のホームドクターをしていただいている
「野江クリニック」の全面協力により大塚製薬さんが
『脱水と経口補水療法』の講習をしてくださいました。

『脱水』と言うと夏場の熱中症によるものをまず思い浮かべると思いますが、
もともと体の水分量が減ってきているご老人にとって
「下痢や嘔吐」などで水分が出て行ってしまうと
意外と簡単に「脱水状態」になってしまうとのこと。

年齢を重ねてゆくと自然と「頻尿傾向」になります。
特に夜中など眠たいのにトイレに行くたびに起きなくてはいけない・・・
となると、面倒になって回数を減らそうとついつい水分摂取を控えます
それが病気が原因の「下痢」となればトイレまでふらふらなのですから
行く回数を減らしたい・・・気持ちは、わかります

脱水も重篤になれば「点滴治療」が一番なのですが
それ以前に経口という形で補水してあげる事も出来る

cl3_img
















CMなどで認知度も上がってきているとは思いますが・・・
こういうもので補水してあげると良いと思います。

一般的なスポーツドリンクよりも発汗などで失われていく
ミネラル補給の成分が多くなっているので

健康な方が飲まれると「塩辛い」印象があるそうなんですが
脱水傾向の方は「おいしい」「塩辛くない」と感じるそうなんです・・・

・・・・・実は、σ(^▽^*o)わたし、美味しかったんですが。。。
脱水傾向なんでしょうか・・・・???

涼しくなってきて過ごしやすくなってきたと喜んでばかりもいられません
夏場に弱った体は、風邪などのウィルスに負けてしまいます
それは案外働いているヘルパーに多く言える事でもあります
自分の体調維持の為にも、今回のような勉強を役に立てたいと思います。

このページのトップヘ